AJA 一般社団法人 日本動画協会

運営実績


東京国際アニメフェア■東京国際アニメフェア

アニメの振興と発展を目的に世界最大級のアニメの祭典として、平成14年(2002年)〜平成25年(2013年)まで毎年春に開催されました。

当協会は平成18年(2006年)から実行委員会事務局を務めました。また、毎年一般社団法人私的録画補償金管理協会(SARVH)と共同でブースを出展し、子供たちに向けた著作権啓蒙活動を実施しました。併せて、アニメ・チャリティーオークションを実施し、売上金を子どもたちの生活向上などの活動を行う施設・団体へ寄付しました。

アニメ・チャリティーオークションの実績はこちら

なお、平成26年(2014年)より東京国際アニメフェアの見本市部門は「AnimeJapan」へ、コンペティション部門は「東京アニメアワードフェスティバル」へと引き継がれています。

 

■ジャパン・アニメコラボ・マーケット

アニメ・コンテンツの新たな収益の可能性を探るため、アニメのニ次利用促進イベントとして、平成19年~21年(2007年〜2009年)まで開催しました。

なお、平成22年より実施の「東京国際アニメ祭」へ、その開催主旨が引き継がれています。

ページトップへ戻る