AJA 一般社団法人 日本動画協会

Infomation

ニュースカレンダー

RSSRSS

2010年00月のニュース

|


12月22日【日本動画協会のニュース】

東京都青少年健全育成条例改正に関する動画協会声明の発表について

12月21日夕刻に、先般東京都議会にて可決されました
東京都青少年健全育成条例改正に関する動画協会声明を発表いたしました。

声明の詳細につきましては、下記URLより.pdfファイルをご覧ください。

声明文書

12月13日【日本動画協会のニュース】

第1回シンポジウム「科学的手法がもたらすアニメーター育成変革の可能性」参加者募集のお知らせ

現在、日本動画協会は、経済産業省の支援のもと、アニメ制作工程の分析と再構築によって効率化を図り、国際的な競争力を強化することを目的のひとつとした人材育成事業を展開しています。
 
この度、本事業の中間報告である、シンポジウムを来年1月26日(水)に実施する運びとなりました。

当シンポジウムでは、アニメ分野では日本初となるエスノグラフィー分析やラーニングカーブ評価の途中経過を発表し、アニメ人材育成における科学的手法の効果や可能性について論じます。また、現場の最前線で人材育成を担う現場スタッフ・経営者・教育者の声も交えた公開ディスカッションを実施し、2020年に20兆円産業を目指すコンテンツ産業の国際競争力強化、人材育成について新たなアプローチを見出そうとするものです。

■タイトル 「科学的手法がもたらすアニメーター育成変革の可能性」
■主 催 一般社団法人日本動画協会・経済産業省・
      東京大学 人工物工学研究センター
■日 時 2011年1月26日(水)14:00−16:30 (予定)
■対 象 コンテンツ業界関係者 約100名(定員に到達次第締切)
■会 場 六本木ヒルズスカイスタジオ
■参加費 参加無料
■申 込 公式HP http://www.think.ne.jp/METI_AJA_symposium/ より受付
■プログラム
1. 主催者挨拶 経済産業省/日本動画協会
2. 本事業のねらいについて(株式会社シンク代表取締役 森祐治 氏)
3. 制作工程分析中間報告(早稲田大学高等研究所 准教授 七丈直弘 氏)
4. パネルディスカッション「数値で捉えた制作工程と人材育成」(仮)
 ・制作現場従事者・教育関係者・研究者(※パネリストは決定次第HP等で発表)

詳細につきましては、上記リンク先をご覧ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

12月10日【日本動画協会のニュース】

第5回「アニメ感想文コンクール」作品募集を開始

今年で第5回となります、「アニメ感想文コンクール」の作品募集を、12月10日より開始いたしました。

前回と同じく3つの部門で募集しております。
・小学校低学年の部(小学校入学前、1〜3年生)
・小学校高学年の部(4〜6年生)
・中学生の部

なお、グランプリ・準グランプリの方は、
平成23年3月に開催されます「東京国際アニメフェア2011」にご招待のうえ、
会場にて行われる授賞式にて表彰いたします。

募集要項などの詳細につきましては、下記リンク先をご覧ください。

皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしております。

アニメ感想文コンクール特設ページ

10月21日【株式会社ゴンゾ】

(株)ゴンゾ 移転のお知らせ

2010年10月12日より、下記の所在地に移転いたしました。

[本社スタジオ]
〒167-0015
東京都杉並区成田東5-17-13
ハーモナイズビル1階
TEL:03-5347-0544
FAX:03-5347-0578

[荻窪オフィス]
〒167-0043
東京都杉並区上荻1-10-6
荻窪福智ビル3階
TEL:03-5347-2401
FAX:03-5347-2445

10月21日【日本コロムビア株式会社】

日本コロムビア(株) 社名変更のお知らせ

2010年10月1日より、下記のとおり社名が変更となりました。
なお、所在地・連絡先には変更はございません。

新)日本コロムビア株式会社

旧)コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社

10月14日【日本動画協会のニュース】

アキバ初のアニメ見本市「東京国際アニメ祭 2010秋」 開催

今年初めて開催する「東京国際アニメ祭 2010 秋」は、アニメ文化の聖地・秋葉原で開催する、秋のアニメーション展示会。
秋は、テレビ番組の改編や、年末年始の映画の宣伝時期と重なるため、アニメ業界でも作品中心の展示イベントがこの時期に待ち望まれてきました。選りすぐりのアニメ関係会社が、秋から年末年始にかけての新作や、最新情報などを展示・紹介します。また、海外からのビジネス来場者を積極的に誘致し、ビジネスマッチングの促進を図ります。
会場は、各社がブース出展する「展示ゾーン」と、ビジネス関係者や一般向けにプレゼンテーションや各種イベントを行う「ステージゾーン」、業界最先端のテーマを取り上げる「講演・シンポジウム」で構成します。

<主な見どころ>

■国内の有名企業や、中国を含む海外組も出展!20社がアニメの最新情報を発信(22日、23日)
国内外の20社の企業が、25タイトル以上を展示。秋から放送される新作アニメ、お正月の劇場作品、冬季発売のオリジナル・ビデオ・アニメ(OVA)や海外セールス展開作品、海外パートナー募集プロジェクト作品など最新情報をタイムリーに発信します

■「3Dアニメ」など業界の最先端や、韓・仏の海外動向が分かる「講演・シンポジウム」(22日、23日)
業界の最新動向、商品開発、技術関係、海外事情など、幅広い題材から講演・シンポジウムを行います。基調講演には、ITジャーナリストの佐々木俊尚氏を迎え、「動画のメディア空間はどう変わるか」(仮)と題した講演をいただく予定です。また、「3Dアニメ」や「アニメの地デジ対策」など業界注目の話題や、韓国・フランス企業による海外のアニメ事情も発信します。 
※4F UDXシアターのプログラムは事前登録が必要です。

■ファン向けイベントなど、各種イベント目白押し!(23日)
パブリックデーには、ファン向けイベントとして、BS11などで放送中の「コミックTV」出演者によるイベントや、文化放送のデジタルラジオ超!A&G+の番組「東京国際アニメフェア2011 超!ステーション」の公開録音を行
います。また、2010年5月に公開、10月27日にBlu-rayとDVDが発売予定の劇場アニメ「いばらの王 -King of Thorn-」のBD上映会・トークショーを、片山一良監督をゲストに行
う予定です。同作品は、「モントリオール ファンタジア映画祭」(カナダ)の 観客賞アニメ部門で銅賞を受賞するなど、国内外の映画祭で高い評価を得ています。
※ファン向けイベントは当日整理券を配布します。上映会は事前登録が必要です。

■デジタルラジオ(動画付き)で会場の様子を公開生中継!
 (22日、23日 会期中 場所:東京アニメセンター 観覧無料)
文化放送のデジタルラジオ超!A&G+の人気情報番組「アンテナ+」の出張版として公開生中継を、秋葉原UDX4Fの「アニメセンター」にて行います。当日は、会場からゲストを呼び、番組パーソナリティの藤田由美子さんと赤崎千夏さんが、『「アンテナ+」 in 東京国際アニメ祭2010』のタイトルで、2日間にわたりアニメの最新情報をお送りします。

<開催概要>

■名称:東京国際アニメ祭 2010 秋
 〜東京国際アニメフェア連動イベント〜
(英字表記)Tokyo International Anime Festival(TIAF)2010 Autumn

■会場:秋葉原UDX アキバ・スクエア(展示会)、UDXシアター(講演、シンポジウム)他

〒101-0021東京都千代田区外神田4-14-1

■開催日時:
<ビジネスデー> ※関係者およびビジネス目的の来場者のみ受付。18歳未満は入場禁止
2010年10月22日(金)10:00〜17:00
<パブリックデー>
2010年10月23日(土)10:00〜17:00
■展示内容:秋の新番組、秋から年末年始に公開の劇場映画、冬季販売のOVA、海外向けセールス作品(新作、旧作問わず)などのプレゼン・商談ブースほか、イベントステージ、講演、シンポジウム、上映会など

■主催:一般社団法人日本動画協会
■共催:経済産業省、NPO法人映像産業振興機構
■後援:東京都、中華人民共和国 文化部、韓国コンテンツ振興院
■協賛:日本航空、パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社
■特別協力:一般社団法人日本音声製作者連盟、独立行政法人 日本貿易振興機構(JETRO)

■協力:NTT都市開発株式会社、ダイビル株式会社、鹿島建設株式会社、株式会社クロスフィールドマネジメント、株式会社文化放送、東京アニメセンター、東京国際アニメフェア実行委員会事務局

■入場:無料

公式ウェブサイト

10月07日【株式会社プロダクション・アイジー】

(株)プロダクション・アイジー 移転のお知らせ

2010年9月14日より、下記の所在地に移転いたしました。

〒180-0006
東京都武蔵野市中町2-1-9
[本社・代表]
TEL:0422-53-0136
FAX:0422-53-0189

10月07日【株式会社ビデオマーケット】

(株)フロントメディア 移転のお知らせ

2010年9月21日より、下記の所在地に移転いたしました。

〒107-0052
東京都港区赤坂2-10-9
ラウンドクロス赤坂8F
TEL:03-3505-3555
FAX:03-3505-3556

09月22日【日本動画協会のニュース】

記念切手アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ第14集「ちびまる子ちゃん」9月22日発売

記念切手アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズの第14集、
「ちびまる子ちゃん」が9月22日より発売となりました。
本切手は、6月に発行されました「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」と同じシリーズとなっており、
全国の郵便局等で販売となります。
詳細につきましては、下記URLをご覧ください。

特殊切手「ちびまる子ちゃん」

09月21日【日本動画協会のニュース】

新入会員社のご紹介

9月1日付けで、株式会社旭プロダクションが準会員として入会いたしました。

これに伴い、動画協会会員社は正会員34社、準会員27社の計61社となりました。

アニメーション業界の発展のため、これからも皆様方のご協力をお願い申し上げます。

株式会社旭プロダクション

06月18日【日本動画協会のニュース】

(株)竜の子プロダクション 代表取締役異動のお知らせ

2010年6月より、下記のとおりと異動となりました。

新)代表取締役社長 佐藤 慶太 

06月18日【日本動画協会のニュース】

新入会員社のご紹介

6月1日付けで、キングラン株式会社が準会員として入会いたしました。

これに伴い、動画協会会員社は正会員34社、準会員27社の計61社となりました。

アニメーション業界の発展のため、これからも皆様方のご協力をお願い申し上げます。

キングラン株式会社

05月24日【株式会社オフィスエラン】

(株)オフィス・エラン 移転のお知らせ

2010年5月より、下記の所在地に移転いたしました。

〒154-0011
東京都世田谷区上馬2-25-4
(株)音楽館内2F
TEL:03-5779-8311 内線11番

05月20日【日本動画協会のニュース】

役員交代のお知らせ

当協会は、5月19日開催の定時社員総会および理事会におきまして、下記の通り役員が交代いたしました。
前任者と変わらぬご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

専務理事 新)両角 孝保 (一般社団法人日本動画協会 事務局長)
監  事 新)松本 悟  (バンダイビジュアル株式会社 取締役)

なお、前専務理事・事務局長の山口康男、および前監事の上埜芳被は退任いたしました。

04月27日【株式会社プロダクション・アイジー】

(株)プロダクション・アイジー 移転のお知らせ

2010年4月26日より、一部部署が下記の所在地に移転いたしました。

〒180-0006
東京都武蔵野市中町二丁目1番9号
I.Gビルディング
TEL : 0422-53-0136(代表)
FAX : 0422-53-0189

04月21日【日本動画協会のニュース】

記念切手アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ第13集「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」6月14日発売

記念切手アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズの第13集、
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」が6月14日より発売となりますことを、
プレスリリースいたしました。
本切手は、1月に発行されました「ケロロ軍曹」と同じシリーズとなっており、
全国の郵便局等で販売となります。
詳細につきましては、下記リリースをご覧ください。

プレスリリース

04月02日【日本動画協会のニュース】

AJAアニメ作品データベース ベータ版公開のお知らせ

動画協会では、データベースWGを中心にこれまでに公開されたアニメ作品のデータベース化を目指しております。
ベータ版としまして、2009年春および夏に公開された作品を公開しております。
これはTAF2010のAJAブース内にて発表したものです。
今後、データの整備を進め、順次公開を予定しております。

AJAアニメ作品データベース(ベータ版)

04月02日【日本動画協会のニュース】

第4回「アニメ感想文コンクール」入賞者決定のお知らせ

 当協会では、中学生以下の子どもたちを対象に今年で4 回目となる「アニメ感想文コンクール」を開催いたしました。
 大好きなアニメの感想やキャラクターへの手紙など、アニメへの想いを文章にするもので、今年は全国から162 通の作品応募がありました。
どの作品も、日頃から子ども達が秘めているアニメへの思いが、強く伝わってくるものばかりでした。
たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

 日本のアニメは、アニメを愛し応援してくれる子どもたちによって支えられています。子どもたちが手紙に託したアニメ・アニメキャラクターへむける愛情やひたむきな応援を、私たちアニメ製作関係者は一心に受け止め、もっともっと楽しんでもらえる作品作りを心がけていきたいと思っております。また、このコンクールを通じ、より深く日本のアニメを理解し、好きになっていただけるのであれば、嬉しい限りです。
 
 日本動画協会会員社による審査で選ばれた入賞作品は、去る2010年3月25日〜28日に開催された東京国際アニメフェア2010 会場に於いて、グランプリ1名・準グランプリ3名の入賞作品と佳作6 名の入賞者名の展示を行いました。
28日には、表彰式を実施。グランプリ・準グランプリの4名が、「東京国際アニメフェア2010(TAF2010)」会場内、TAFステージにおいて、賞状・賞品を授与されました。

受賞者は以下の通りです。
<グランプリ>
小学校高学年の部( 小学4 〜 6 年生) 小松 美耶子 「せっちゃんへ」

<準グランプリ>
小学校低学年の部( 小学1〜3年生) 長尾 光倫 「ぼくの本気の手紙をいつも本気の鬼太郎さんへ」 
小学校高学年の部( 小学4 〜 6 年生) 谷古 紬 「「これでいいのだ」は私のおまじないなのだ」
中学生の部 西河 由季 「火垂るの命と平和」

<佳作>
小学校低学年の部( 小学1〜3年生) 井上 泰一 「おばけギャルソンさんへ」 
小学校低学年の部( 小学1〜3年生) 齋藤 雄輝 「拝けい ケロロ軍そうさんへ」
小学校高学年の部( 小学4 〜 6 年生) 奥邨 佳弘 「ケロロ軍曹へ」 
小学校高学年の部( 小学4 〜 6 年生) 都築 強介 「目指せ!ケロン星」
小学校高学年の部( 小学4 〜 6 年生) 長澤 いのり 「とっても大好きドラえーもん♪」
中学生の部 岡由 紀恵 「ドラえもんで考えたこと」

04月01日【日本動画協会のニュース】

新入会員社のご紹介

4月1日付けで、株式会社Long Tail Live Stationが準会員として入会いたしました。

これに伴い、動画協会会員社は正会員34社、準会員26社の計60社となりました。

アニメーション業界の発展のため、これからも皆様方のご協力をお願い申し上げます。

株式会社Long Tail Live Station

03月25日【日本動画協会のニュース】

動画協会データベースWG調査による「日本のアニメ業界・アニメ市場の近年の動向」「日本のアニメの海外展開」発表

当協会データベースWGでは、アニメ業界の数字について調査・収集を行っており、
毎年3月の東京国際アニメフェアで発表しております。
昨年は、アニメ作品数などの調査に加えて、会員社アンケートによる
海外展開状況の調査も実施いたしました。
その結果をまとめて、TAF2010会場での展示と共にホームページでも公開いたします。
発表内容につきましては、下記リンク先をご参照ください。

※海外展開調査結果は、非常に大きいデータですのでご注意ください。

日本のアニメ業界・アニメ市場の近年の動向
日本のアニメの海外展開

ページトップへ戻る